塩こうじ作りました

鶏手羽のスープ

こんにちは。女性のからだのプロフェッショナル助産師 岩本です。

最近、愛知県は急に冷え込んできました。

そんな季節に食べたくなるのが温かいスープ

昨日は、鶏手羽とお野菜のスープ。

鶏手羽のスープ

味付けは自家製塩こうじのみです。

塩こうじは発酵食品ですので整腸作用もあります。

今回は煮込みましたがせっかくの発酵食品ですので

塩こうじを加熱せずに食べることもあります。

私のおすすめは茹でたキャベツと和えるだけ

キャベツの和え物の出来上がりです♪

塩こうじの量を調整すれば1歳児から大人までおいしく食べれます。

ちなみに下のお弁当は小松菜とえのきを醤油こうじで和えたもの。

と塩こうじに一晩漬けこうんでオーブンで焼いた鶏もも肉

塩こうじはお肉を漬け込むと柔らかくなり美味しくなります。

塩こうじと醤油こうじは万能調味料です。

お弁当

妊婦時代に仕込んだものが残りわずかになってきたので、

1キロ仕込みました。

塩こうじ

作り方は簡単

材料:常温に戻した米こうじ 1キロ

60~65度のお湯を1000cc

(70度で麹菌が死んでしまうのであつすぎ注意)

塩260グラム

1、こうじに塩をすり込む

塩こうじの作り方

2、お湯をかけて手で混ぜる

*ポイントは素手で混ぜることです。

そうすることで自分に合った菌が混ぜ込まれ美味しく出来ます。

3、常温で保管し日に一度混ぜる。

以上

簡単でしょ。

今時期だと2週間くらい、夏だと1週間くらいで出来ます。

完成の目安は食べたときにしょっぱい!!→マイルドになったころ

完成したものは冷蔵庫に保管してます。

以下は醤油こうじの材料

材料:米こうじ1キロ

醤油840cc

酒160cc

作り方は塩こうじと一緒で醤油と酒を一度沸騰させアルコールを飛ばしてから60度ぐらいに冷ましまぜるだけです。

使うこうじや塩によって味が変わるので皆さんのお好みを

探してみても面白いですよ。

私のお気に入りこうじは

米こうじ

長野県 小池麹店のこうじです。1キロ1000円ちょっと

まとめて買って冷凍し、塩こうじ・醤油こうじ・甘こうじに使ってます。

岩本 ちほ

Chiho プロフィール

1983年 福島県生まれ

2006年 日本赤十字北海道看護大学卒業

2006~2012年 総合病院勤務

2011年 長男出産

2013年 次男出産

2014年~ 産婦人科クリニック勤務

2016年 長女出産

2018年 次女出産

2019年 助産院開院

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

助産師 岩本知帆(いわもとちほ)愛知県幸田町在住 幸田・岡崎・西尾を中心に三河地方で活動中。

夫とH23年生まれ長男・H25年生まれ次男・H28年生まれ長女・H30年生まれ次女の賑やか6人家族

女性のからだのプロフェッショナル助産師として、10年以上1000人以上の女性の健康と出産・子育てを支援してきた経験を活かし
現在は、助産師整体,
からだ本来の生理について
乳がんを予防するふわふわ美乳を作るセルフケア
お母さんの快適育児と赤ちゃんのにこにこ笑顔をサポートするベビーマッサージ
を行っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる