赤ちゃんのゆがみの整えかた その1

肘を伸ばす

こんにちは。女性のからだのプロフェッショナル助産師岩本です。

今日は赤ちゃんのゆがみの整え方についてお話します。

本日の娘 生後82日ぐらい

足のくびれに左右差があるのわかりますか?

もものくびれが上(左足)が2本で下(右足)が1本

写真にするとわかりずらい。。。

赤ちゃんのゆがみの

本日の娘 歪んでます。

なので、まずは腰湯をしまして

↓ベビーバスにこんな感じで腰のあたりまでお湯を入れて

20分くらいゆっくり温まります。

冷めるのでお湯は途中3回ほど入れ替えて

腰湯のスタイル

 

温まったからだで

股関節回し

両手で赤ちゃんの膝を持って股関節をやさしく回します。

どちらか回りずらい方があればそちらを多めに

そのあと、足先まで全体をなでてあげます。

次に上半身

肘を伸ばす

赤ちゃんの肘に掌をあててばんざーいと伸ばしてあげます。

チャイルドシートやベビーカーに多く乗っている子は

両手をここまで伸ばすと嫌がる子もいますが

やさしく伸ばしてあげているうちに上まで伸びるようになり

ます。

最後に頭から足先までなでてあげておしまい。

15~20分ぐらいです。

 

えっこれだけ!!と思った方

 

赤ちゃんの集中力は大体15分ぐらいですし、赤ちゃんのからだは

 

歪みやすいのですが反面、整いやすいんです♪

頑固なゆがみになるとちょっと大変になりますので

そうなる前に、毎日20分でよいので赤ちゃんのからだを

整えてあげてくださいね

 

岩本 ちほ

Chiho プロフィール

1983年 福島県生まれ

2006年 日本赤十字北海道看護大学卒業

2006~2012年 総合病院勤務

2011年 長男出産

2013年 次男出産

2014年~ 産婦人科クリニック勤務

2016年 長女出産

2018年 次女出産

2019年 助産院開院

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

助産師 岩本知帆(いわもとちほ)愛知県幸田町在住 幸田・岡崎・西尾を中心に三河地方で活動中。

夫とH23年生まれ長男・H25年生まれ次男・H28年生まれ長女・H30年生まれ次女の賑やか6人家族

女性のからだのプロフェッショナル助産師として、10年以上1000人以上の女性の健康と出産・子育てを支援してきた経験を活かし
現在は、助産師整体,
からだ本来の生理について
乳がんを予防するふわふわ美乳を作るセルフケア
お母さんの快適育児と赤ちゃんのにこにこ笑顔をサポートするベビーマッサージ
を行っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる