赤ちゃんのゆがみの整えかた その1

肘を伸ばす 赤ちゃんのからだ

こんにちは。女性のからだのプロフェッショナル助産師岩本です。

今日は赤ちゃんのゆがみの整え方についてお話します。

本日の娘 生後82日ぐらい

足のくびれに左右差があるのわかりますか?

もものくびれが上(左足)が2本で下(右足)が1本

写真にするとわかりずらい。。。

赤ちゃんのゆがみの

本日の娘 歪んでます。

なので、まずは腰湯をしまして

↓ベビーバスにこんな感じで腰のあたりまでお湯を入れて

20分くらいゆっくり温まります。

冷めるのでお湯は途中3回ほど入れ替えて

腰湯のスタイル

 

温まったからだで

股関節回し

両手で赤ちゃんの膝を持って股関節をやさしく回します。

どちらか回りずらい方があればそちらを多めに

そのあと、足先まで全体をなでてあげます。

次に上半身

肘を伸ばす

赤ちゃんの肘に掌をあててばんざーいと伸ばしてあげます。

チャイルドシートやベビーカーに多く乗っている子は

両手をここまで伸ばすと嫌がる子もいますが

やさしく伸ばしてあげているうちに上まで伸びるようになり

ます。

最後に頭から足先までなでてあげておしまい。

15~20分ぐらいです。

 

えっこれだけ!!と思った方

 

赤ちゃんの集中力は大体15分ぐらいですし、赤ちゃんのからだは

 

歪みやすいのですが反面、整いやすいんです♪

頑固なゆがみになるとちょっと大変になりますので

そうなる前に、毎日20分でよいので赤ちゃんのからだを

整えてあげてくださいね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました