赤ちゃんが歩けるまでの大切な動作について ステップ1~

 
生後1か月
この記事を書いている人 - WRITER -
助産師 岩本知帆(いわもとちほ)愛知県幸田町在住 幸田・岡崎・西尾を中心に三河地方で活動中。 夫とH23年生まれ長男・H25年生まれ次男・H28年生まれ長女・H30年生まれ次女の賑やか6人家族 女性のからだのプロフェッショナル助産師として、10年以上1000人以上の女性の健康と出産・子育てを支援してきた経験を活かし 現在は、助産師整体, からだ本来の生理について 乳がんを予防するふわふわ美乳を作るセルフケア お母さんの快適育児と赤ちゃんのにこにこ笑顔をサポートするベビーマッサージ を行っています。

*その子によって個人差があるので月例は目安です。

ステップが早く進むのが良いわけではありません。

逆に早すぎる問題もありますのでそれは別記事に書きますね。
ステップ1:手や足をバタつかせる、手をなめる

生後1か月

生後1か月

生まれてから生後3~4か月ごろまでです。

このころの赤ちゃんは様々な原始反射があります。

上の写真は顔を向けた方向の手足が伸びて反対の手足を曲げる非対称性緊張性頚反射です。

この時期は周囲の環境にとても敏感な時期ですのでできる限り静かな環境で過ごさせてあげてください。

どれくらい敏感かと言いますと、ママさんたち3人ぐらいが赤ちゃんの周りであれこれ話してたとします。

1歳近くの子供はそれほど気にならず遊んで過ごせますが、生後4か月前の赤ちゃんにとってはパチンコ店にいる状況と同じくらいの刺激があります。

パチンコ店、賑やかですよね。

そんな環境に長くいると脳が疲労し寝ても直ぐに起きてしまったり

頻繁にぐずったり泣いたりする原因に繋がります。

大人の会話以外にもテレビの音や兄弟の声、

うちも4人子供がおりますので日常は賑やかです。

どうしても静かにできない環境は仕方がないのですが、

赤ちゃんが寝ているときはテレビを消すか静かな部屋に寝かせるなど

ちょっとした対応で赤ちゃんの睡眠の質が変わりますので

やってみてください♪

最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら下のボタンから SNSにシェアしていただけると嬉しいです。 Facebook友達申請・フォロー歓迎です♪ https://www.facebook.com/chiho.iwamoto.nihei  現在講座は第4子の育児休暇中ですが春より再開予定です。 メルマガにてお知らせしていきますのでも準備中ですのでご登録ください♪
メルマガ登録・解除
女性のからだのプロフェッショナル現役助産師岩本知帆がお伝えする出産・育児・健康ライフについて
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
この記事を書いている人 - WRITER -
助産師 岩本知帆(いわもとちほ)愛知県幸田町在住 幸田・岡崎・西尾を中心に三河地方で活動中。 夫とH23年生まれ長男・H25年生まれ次男・H28年生まれ長女・H30年生まれ次女の賑やか6人家族 女性のからだのプロフェッショナル助産師として、10年以上1000人以上の女性の健康と出産・子育てを支援してきた経験を活かし 現在は、助産師整体, からだ本来の生理について 乳がんを予防するふわふわ美乳を作るセルフケア お母さんの快適育児と赤ちゃんのにこにこ笑顔をサポートするベビーマッサージ を行っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 現役助産師・岩本知帆のブログ , 2018 All Rights Reserved.