ご家庭で性の話出来ていますか?

皆さん、お子さんに性について

ご家庭で話していますか?

日本はご家庭で性について

話している家庭はとても少ない現状です。

何故か?それは、親の私たちが自分の

親からは性の話をされてない。

性教育は学校任せ

プラス

性=エロ・秘め事であるという環境

で私たちは育ってきているからなんです。

昔、TVを見ていたらキスシーンやベッドシーンが

流れてきたら親にTVを消されたとか

それまで和ややだった団らんが

気まずい雰囲気になってしまったって事

なかったですか?

こんな環境で育っている私たち

親世代は我が子から

性の話を聞かれたときに

どう対応したらよいのか

わからずごまかしてしまったり

話をはぐらかしてしまったり

。。。

性の話は学校にお任せでと

言いたいところですが

学校では性の話の一部しか

教えてくれません!!

前回のブログで書きましたが

お子さんが自分のこころと

からだを健康に守るために

知っておくべき知識として

学校で教えてくれる内容だけでは

不足しています。

また、

『親のまだ早いは子どもには遅い』

性の話を子どもにしていく時期ですが

学校では小学4年生になってようやく

生理の話がされています。

小学4年性にもなると思春期に

突入してくる子もいますね。

思春期になってくると素直に

親(大人)の話を受け入れられ

なくなっていく反抗期に入っていきます。

そんな時期から初めて性についての話を

されても素直に受け取って

もらえないこともあります。

また、子供の身近にインターネットが

ある時代ですので、小学4年生には

インターネットから間違った

性の情報をすでにお子さんが学んで

しまって

性=エロ・隠されていること

親や大人には聞いちゃいけないこと

と感じている場合もあります。

性について伝えるベストな時期は

子どもが間違った知識に触れる前

です。

正しい知識を知っていれば、

間違った情報に出会っても

それは間違い、おかしい情報だと

自分で判断できますし

親と性について、自分のからだに

ついて話せる関係だと

お子さんが悩んだ時でも

この情報は正しいの?間違っているの?

と気軽に親に相談し自分の健康を

守ることが出来ます。

そんな親子関係を築くために

子どもに性について

上手く伝えられない

お母さん・お父さんに

学んでほしい講座が

我が子に伝える性教育講座

~せいりの学校@本講座~です。

詳しくはこちらをご覧ください

 

岩本 ちほ

Chiho プロフィール

1983年 福島県生まれ

2006年 日本赤十字北海道看護大学卒業

2006~2012年 総合病院勤務

2011年 長男出産

2013年 次男出産

2014年~ 産婦人科クリニック勤務

2016年 長女出産

2018年 次女出産

2019年 助産院開院

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

助産師 岩本知帆(いわもとちほ)愛知県幸田町在住 幸田・岡崎・西尾を中心に三河地方で活動中。

夫とH23年生まれ長男・H25年生まれ次男・H28年生まれ長女・H30年生まれ次女の賑やか6人家族

女性のからだのプロフェッショナル助産師として、10年以上1000人以上の女性の健康と出産・子育てを支援してきた経験を活かし
現在は、助産師整体,
からだ本来の生理について
乳がんを予防するふわふわ美乳を作るセルフケア
お母さんの快適育児と赤ちゃんのにこにこ笑顔をサポートするベビーマッサージ
を行っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる